延岡駅前複合施設 エンクロス


Nobeoka Encross

宮崎県初の蔦屋書店、スターバックスや
2万冊の図書閲覧スペースを含む複合施設

駅を利用するときに“1時間早く来て待っていたい”ような、誰もがくつろげる空間を目指し、約250席の座席やフリーWi-Fi、電源席などを用意。地域の情報発信を含めたイベントも積極的に開催。また、「NOBEOKA100マイルプロジェクト」と題し、延岡市を中心に地域物産をセレクトし販売する空間も設ける。施設名は延岡市が一般公募により決定。「延岡の延(エン)」と「人と人とのご縁」にちなみ、“人と人のご縁がクロスして、延岡の発展につながる場所になってほしい”という願いを込めた。